Return to site

【NI3主催セミナー開催報告】

経営視点でのサイバーセキュリティ

2018年3月27日(火)開催

「経営視点でのサイバーセキュリティ」セミナー

開催報告

2018年3月27日に、経営層/CIO/IT部門のマネージャーを対象にした『経営視点でのサイバーセキュリティ』を、株式会社野村総合研究所のご協賛のもと開催いたしました。本セミナーには約100名の方にご参加頂き、盛況のうちに終了できました。

本セミナーでは「ITセキュリティ対策に経営課題として取り組む」ことをテーマに、ITセキュリティをリスクマネジメントの課題と捉え、組織内の現状やセキュリティ対策の投資の妥当性について如何に可視化をするか、をご紹介いたしました。

ご参加の皆様のうち45名の方にアンケートにご協力いただき、そこで「弊社のサービスは、日本に必要だと思いますか?」という質問に対しては44名とほぼ全ての方が「必要と思う」との回答をいただきました。

また「これまでのセキュリティ対策に関する提案において、内容が『IT部門/技術に寄り過ぎている』と感じたことはありますか?」という質問では、32名の方が「感じたことがある」と回答しています。

【内容サマリ】

■Speech 1 :ブロックチェーンに存在するリスクとCIBOKをベースにしたサイバーインテリジェンス

サイバー犯罪捜査の第一人者でありFBIのアドバイザーも務めるDr. Shane Shookにより、次世代の成長技術と期待されているブロックチェーンにもセキュリティリスクの内在の指摘、その具体的なリスクについて、またCIBOKのアプローチによるサイバーリスクマネジメントについてを講演頂きました。
*Shook氏とNI3との共同開発サービス C-Audit

■Speech 2 :米国におけるNIST利用の現状と活用方法

NISTのフレームワークに関して著名なCREATe.org CEO Ms. Pamela Passmanから、現在注目を集めているNISTサイバーフレームワーク(NIST CSF)の現状と活用について講演頂きました。
NIST CSFは、米国のFortune500を中心としたGlobal企業や政府機関が定期的アセスメントに利用し、日本でも防衛調達にも今後求められる見込みとなっています。

*NI3提供サービス CREATe

■『C3』サービス概要紹介

当社営業部長 隠岐祥一よりDr. Shane Shockと共同開発したC3(Cキューブ)について講演いたしました。詳細は本サイト内 C3(Cキューブ)をご参照ください。

■パネルディスカッション

 パネラー:
  - 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター内閣参事官 山内 智生氏
  - コニカミノルタ株式会社 執行役 IT企画部長 田井 昭氏
  - Dr. Shane Shook
  - Ms. Pamela Passman

 モデレーター:当社取締役会長 西野弘

内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター内閣参事官 山内 智生氏より、ITセキュリティは経営課題であり、リスクマネジメントとして取り組むべきであるとのお話を頂きました。

  • 経営層は自社のサービスのどの部分がITに依存しているのかを把握していただきたい、定性的でも構わない
  • 自組織内のその情報を可視化することが非常に重要である
  • それが止まったらどのようなことになるのかを理解していただきたい
  • それを知っているだけでも随分違う
  • 私たちは例えば重要インフラサービスにおいて、大きくいくつかの括りをもっている
  • ネットワーク、情報システムとして動いている何かが止まった場合、すぐに提供しているサービスに影響がでるのか、遅れて影響が出るのか、あまり影響がないのかを区分しないければいけない

コニカミノルタ株式会社 執行役 IT企画部長 田井 昭氏より、実際にC-Auditを自社内で実施した結果から、その効果や有用性についてお話頂きました。

  • ダッシュボードは表示されている情報が多すぎるわけではなく、わかりやすいのがいいと思う
  • 組織内におけるITセキュリティ対策およびリスクの存在箇所の可視化ができたことは非常に有用
  • C-Auditの結果は正直ショックだった。できていると思っていたことができていなかった
  • 経営として数値として実態を正しく認識することが大事とわかった
  • 実態が分かっていると、それに対する打ち手と効果が変わってくる
*NI3提供サービス C-Audit
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly